新興国株式投資

投資信託:ベトナム成長株インカムファンドは買い?運用状況を徹底評価

投資信託:ベトナム成長株インカムファンドは買い?運用状況を徹底評価

 

新興国に投資するというのは、

「リスクが高そう」

「法律がよくわからない」

「大損しそう」

と考えてしまいませんか?

それでも新興国の成長を取り込みたい、

投資をしたいという人はとてもたくさんいます。

そのような方々がこぞって投資をするのが、

新興国を取り扱っている「投資信託」ですよね。

投資信託について解説している記事は私もいくつか書いていますが、

今回はその投資信託の新興国投資を行なっているファンドについて、

解説をしてみたいと思います。

新興国では私はバングラデシュ不動産投資が2018年はベストなタイミングだと踏んでいますが、

同様にベトナムも今後の経済成長国として話題に上がる国の一つです。

そして、ベトナムの投資信託といえば「ベトナム成長株インカムファンド」となります。

今後成長するベトナムに投資したい、と考えている人に向けて、

「ベトナム成長株インカムファンド」について分析してみたいと思います。

ベトナム成長株インカムファンドの概要

手始めに、ベトナム成長株インカムファンドの概要を解説していきます。

■ベトナム成長株インカムファンドの運用会社

「ベトナム成長株インカムファンド」はアジアエマージング地域の株式で運用をするファミリーファンドとなります。

ファミリーファンド(方式)とは、複数の投資信託の資金をまとめて「マザーファンド(親ファンド)」と呼ばれる投資信託に投資し、マザーファンドで株式や債券などに分散投資をして運用する方式のことをいいます。

一般の投資家は、「ベビーファンド(子ファンド)」と呼ばれる投資信託を購入し、ベビーファンドがマザーファンドに投資をする仕組みになっています。

内外の株式や債券などの幅広い資産に分散投資をするファンドを複数運用している投資信託会社の場合、1つずつのファンドごとに国内株式や外国債券などの銘柄選択をするよりも、

国内株式のマザーファンドや外国債券のマザーファンドを作って、複数のベビーファンドがファンドごとの運用方針に基づく投資割合に応じて複数のマザーファンドに投資したほうが、運用効率も高くなると考えられます。

このような場合にファミリーファンド方式が採用される傾向にあります。

引用:日興證券SMBC

つまりはベトナム成長株インカムファンド自体が運用をしている訳ではなく、

一般投資家から資金を集める役割を担っているということですね。

運用自体は「キャピタルアセットマネジメント」で実施されています。

キャピタルアセットマネジメント株式会社は、2010年にキャピタル・パートナーズ アセットマネジメントとプラザキャピタルマネジメントの合併により発足した運用会社。親会社はキャピタル・パートナーズ証券株式会社(http://www.capital.co.jp/)(2018年3月末現在)。

引用:投信資料館

■ベトナム成長株インカムファンドの運用方針

ベトナム成長株インカムファンドの運用方針として、

ベトナムの取引所に上場する株式、

世界各国/地域の取引所に上場する「ベトナム関連企業」の株式に投資を実行していきます。

ここでいう「ベトナム関連企業」とはベトナムで営業する 、またはベトナム経済の動向から影響を受けるビジネスを行なう企業のことを指します。

大型銘柄のみならず、

  • 中型銘柄
  • 小型銘柄

も企業の成長が見込むことができれば投資を実行していきます。

■ベトナム成長株インカムファンドの運用スキーム

ベトナム成長株インカムファンドはファミリーファンドですが、

具体的なスキームは以下の通りとなっていますね。

ファンドの仕組み

引用:交付目論見書

一般投資家は販売会社を通してベトナム成長株インカムファンドを購入し、

あとはベトナム成長株インカムファンドが出資をするマザーファンドの運用結果を待つばかりです。

■ベトナム成長株インカムファンドの分配方針

気になるのは分配方針ですが、以下の通りスケジューリングされています。

ベトナム成長株インカムファンド分配方針

年4回(2月20日、5月20日、8月20日および11月20日。

ただし、休業日の場合は翌営業日とします。)決算を行ない、原則として以下の方針により分配を行ないます。

●分配対象額の範囲は、経費控除後の配当等収益および売買益等の全額とします。

●収益分配金額は、委託会社が基準価額水準、市況動向、残存信託期間等を勘案して決定します。原則として、分配対象 額が少額の場合には、分配を行なわないこともあります。

●留保益については、委託会社の判断に基づき運用の基本方針と同一の運用を行ないます

引用:交付目論見書

年4回、運用成績が好調であれば分配による収益(インカムゲイン)が入ってくるということですね。

■ベトナム成長株インカムファンドの手数料

海外投資とは、手数料が高いものです。

特に新興国投資信託に関しては取引をするにも容易ではなく、

為替手数料なども含まれているため一般的な国内投資信託よりもどうしても購入手数料、

信託手数料は高くなります。

ベトナム成長株インカムファンドの購入手数料は3.24%(税抜3.00%)、

信託手数料は年率で1.8468%(税抜1.71%)となります。

利回りで10%を上げても、運用収益からマイナス5%を見込んむことになります。

■ベトナム成長株インカムファンドの資産状況(構成銘柄&業種別構成比率)

ベトナム成長インカムファンドの資産状況をみていきましょう。

まずは組み入れ銘柄です。

ベトナム成長株インカムファンド組み入れ銘柄引用:交付目論見書

ビナミルクが構成比率ではトップですね。

ビナミルクとは、「Vietnam Milk」の略で、

名の通りベトナム「乳製品」業界の最大手です。

vinamilk

日本でいえば「明治」や「雪印」という位置付けですかね。

ビナミルクの時価総額はベトナム国内1位です。

ビナミルクで固く運用益を出し、

他成長株でさらなる利益を取り込もうという方針が伺えます。

気になるのはPERが25.6倍となっていますので、その点は少し不安を感じるところです。

続いて、業種別の比率をご覧ください。

ベトナム成長株インカムファンド組み入れ比率上位

引用:楽天証券

銀行が25.8%と構成として多くの比率を占めますが、これは消費者向けの保険販売が増加することを見込んでのことと説明がなされています。

衣・食・住を支える食品、飲料と不動産の比率も高く、

ベトナムの経済成長を取り込めるポートフォリオとなっていると言えるでしょう。

ベトナム成長株インカムファンドの運用成績とその利回りは?

ベトナム成長株インカムファンドをVN指数と比較し、

どれほどの成績を収めているのかを客観的に見てみましょう。

VN指数は、「ベトナム株価指数」とも呼ばれ、ベトナム社会主義共和国の最大都市ホーチミンにあるホーチミン証券取引所(Hochiminh Stock Exchange)に上場の全銘柄から構成される時価総額加重平均指数をいいます。

これは、東南アジアのベトナム株式市場の代表的な株価指数で、2000年7月28日を基準日とし、その日の時価総額を100として算出されます。

また、ベトナムには、首都ハノイにあるハノイ証券取引所に上場する銘柄で構成される「ハノイ証券取引所株価指数」もあります。

引用:VN指数(ベトナム株価指数)

VN指数比較引用:運用実績

上記はベトナム成長株インカムファンドの分配金を再投資した前提での利回りですが、

ほぼVN指数と同様に推移していますね。

ベトナム株式市場は日本の株式市場とは異なり特殊で、外国人規制があります。

株式市場全体の49%未満しか外国人が株式を保有できないという規制ですが、

それでもVN指数と同様の動きをしているのは評価すべき点と言えるでしょう。

以下は基準価額の推移ですが、2018年にかけて盛り返してきていますね。

ベトナム成長株インカムファンド基準価額推移引用:楽天証券

他ベトナム投資信託との比較

ベトナム株投資信託の中でもベトナム成長株インカムファンドはどの程度の成績を収めているのでしょうか?

ベトナムに投資をするのであれば、やはり最も良い成績で運用している投資信託を購入したいですよね。

以下はモーニングスターの比較表です。

ベトナム投資信託比較引用:Morning Star

基本的に運用を比較するのであれば3年平均を見ていきますが、

トータルリターンはベトナム成長株インカムファンドが15.99%と最も高く、

直近のリターンでも20%を超えています。

DIAMベトナム投資信託は過去1年で29.76%となっていますが、

安定性を考えればやはりベトナム成長株インカムファンドとなるでしょう。

トータルリターンや基準価額が上昇する傾向がある現状を見ると、

ベトナム投資信託は今すぐ購入すべきだ、と考えられそうですが、

現在はかなり株式のバブルが起こっている状況と言え、

安易に投資せず、しっかり市場分析をした上でファンド購入は進めていくべきでしょう。

むすび

ベトナム成長株インカムファンドは、

VN指数と同様の運用推移を果たしており、

またトータルリターンを見ても他ベトナム投資信託よりも安定しており、

新興国投資信託の中ではかなり評価ができる商品と言えるでしょう。

しかし、高い手数料、ベトナム株式市場の現在のバブル状態を考えると、

少し二の足を踏んでしまいそうです。

私であれば、ベトナム株式投資信託をここまで分析した上で、

やはり大きな経済成長が長期に確実視されているバングラデシュ不動産、

新興国株投資ファンドのプロのファンドマネジャーに成功報酬で運用してもらい、

資産を大きくしていくことを選択します。

おすすめの投資先の詳細はランキングで確認してみてくださいね。

【2018年決定版・最新おすすめ投資先ランキング】
投資先ランキング

資金を運用するにあたり、投資先の選定で内容や市場をしっかり分析、情報収集を始めると本当に骨が折れます。

そんな手間を省くために、長年投資を実行してきた管理人が、

  • 投資リターン(収益性・利回り)
  • お手軽さ
  • 安定性

 

などの指標を用いておすすめの投資先を徹底紹介しています。

>>【2018】おすすめ投資先ランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です