国内ファンド

セゾン資産形成の達人ファンドを徹底解説・老後に向けたお手軽長期投資

 

長期的な資産形成を考える際に、

どの金融商品を購入すべきか?と悩んでしまいますよね。

資産運用をするのであれば、投資信託が良い、

それも大手が販売している金融商品が良い、

という方に向けて、

今回はセゾン投信が運用を実施している「セゾン・資産形成の達人ファンド」について解説していきます。

→ 長期投資のセゾン投信

つみたてNISAをはじめるならセゾン投信

セゾン投信の特徴といえば「ファンド・オブ・ファンズ」ですね。

投資信託が投資信託に投資をします。

投資信託に投資する投資信託のことを「ファンド・オブ・ファンズ」といいます。

セゾン投信の2本のファンドは、世界への分散投資を機動的かつ柔軟に行うため、優れたファンドを選別投資することが可能なこの仕組みを採用しています。

世界の優れた運用会社の能力をフル活用することで、国際分散投資を実現しています。

引用:セゾン投信

セゾン資産形成のファンド」は優れたファンドを組み合わせることで投資信託を組成しています。

セゾン投資ファンドの達人図解(取引の流れ)引用:セゾン投信

投資信託はそもそも分散投資であり、

セゾン投信はさらに投資信託の分散投資しているので極めて安定性が高いといえます

徹底的に保守的」に資産を少し増やしたい人向けですね。

では、少しセゾン・資産形成の達人ファンドを深掘りしていきましょう。

セゾン・資産形成の達人ファンドの功績

まずはセゾン達人ファンドはどれくらい信用できるファンドなのか?

という点ですが、

セゾン達人ファンドの功績として、

R&Iファンド大賞を2014年から最優秀ファンド賞を4年連続で受賞しており、

2018年の同賞の「投資信託10年部門」の「外国株式最優秀ファンド賞」「投資信託部門」の外国株式優秀ファンド賞」も受賞しており非常に優秀ですね

R&Iファンド大賞

投資信託、確定拠出年金、NISA及び確定給付年金の4分野で優れた実績をあげたファンドを表彰しています。2007年開始のアワードです。

引用:R&Iファンド大賞

投資信託10年R&Iファンド大賞・セゾン・資産形成の達人ファンド引用:R&Iファンド大賞

投資信託R&Iファンド大賞・セゾン・資産形成の達人ファンド引用:R&Iファンド大賞

その他にも「トムソン・ロイターリッパー・ファンド・アワード・ジャパン大賞」も3年連続で最優秀ファンド賞を受賞しています。

セゾン達人ファンドは、

フィデューシャリー宣言を出し、

2017年4月28日に採択されました。

利益を最優先させた、売買手数料ありきな商売をしないということです。

最近流行りの仮想通貨取引所のような儲け方はしません、

と宣言したということですね。

セゾン・資産形成の達人ファンドが投資する投資信託の選び方

セゾン達人ファンドの理念として、

運用は「長期的に資産額を増やしていく」としており、

目先の値動きは全く追わない方針を取っています。

つまりは、同様の理念で運用している投資信託を選定するということです。

さらに、選定する投資信託が市場全体の中で「割安かどうか」を調査しています

セゾン達人ファンド自体が市場アベレージをアウトパフォーマンスすることを目標にした投信であり、

同投信の「投資先の投資信託」はファンダメンタル分析を重視した「アクティブファンド」(株価指数などベンチマークを設定の上それ以上の運用成績を目指す)に特化しています。

アウトパフォーマンス

日経平均株価やTOPIXなどのベンチマークに対して、ある指数もしくは銘柄の一定期間の収益率が上回っている(上回りそうな)ことを言います。

引用:東海東京証券

ファンダメンタル

経済活動等の状況を示す基礎的な要因をもとに分析すること。

例えば、一国経済を分析する際の基礎的条件は、経済成長率、物価上昇率、失業率、財政収支の赤字(黒字)率、経常収支の赤字・黒字額などの指標を使う。

また、株式においては、株式の本質的価値(ファンダメンタル・バリュー)を決定する企業の財務状況や業績状況のデータをもとに分析し、PER(株価収益率)、PBR(株価純資産倍率)、ROE(株主資本利益率)などが代表的な指標として使われる。

少し難しい言い方をしてしまいましたがセゾン達人ファンドの投資信託選定基準は、

  • 長期運用を大前提としている、
  • 且つ、アウトパフォーマンスできる、

の2点ですね。

非常にシンプルです。

セゾン・資産形成の達人ファンドは機関投資家向けの投資信託で運用

上記までで、セゾン達人ファンドに頼らなくても、

自分で分析する手間暇を掛けられるのであれば分散して、

自分で投資信託を購入すればセゾン投信に頼らずとも、

投資手法としては一緒では?と思った人もいるかもしれません。

投信の分析だけを委託するような形になるので、

もしあなたが投資に詳しいのであれば、

あまりメリットがないかもしれません。

しかし、セゾン達人ファンドが選定している投資信託は、

「機関投資家向け」であり、個人では購入不可能なんですね

ここがセゾン達人ファンドを起用する一番のメリットと言えます。

ここでいう機関投資家向けの投資信託とは、

フランス生まれ独立系の(ニッポン)コムジェスト・ヨーロッパ・ファンドやルクセンブルグ・ファンズなどですね。

個人では投資できる投資先ではありません。

投資先ファンド別投資比率引用:セゾン投信

セゾン・資産形成の達人ファンドは世界の時価総額に連動する運用方針を置いている

一つの特徴として、

セゾン達人ファンドでは「世界経済全体の成長」を享受できるよう、

世界の株式時価総額」に可能な限り連動するように資産運用、

ポートフォリオを組成しています。

2018年1月時点での世界の株式市場の時価総額割合は次の通りです。

世界の株式時価総額国別ウェイト引用:岡三証券

上記の国別割合を確認した上で、

2018年4月30日時点のセゾン達人ファンドの地域別の時価総額を見てみましょう。

セゾン資産形成の達人ファンド国・地域別投資比率引用:運用レポート

アメリカと日本の割合が同程度ですね。

世界時価総額の「その他」に新興国が含まれており、

細かくはさすがに分かり兼ねますが、

近い割合になっているはずで、

欧州の割合が少し大きくなっていますが、

基本的には世界株式に連動していることがわかると思います。

欧州の割合が大きくなっているのは、

  • 長引いていたユーロ圏の景気減速安定化の兆しが見え始めたこと、
  • 雇用改善、設備投資拡大などに支えられ、堅調な業績見通しであること、
  • 欧州中央銀行の慎重な量的緩和(QE)の出口戦略が株式市場に上向きの風を運んでいること、

など好材料から比率を高めていると考えています。

セゾン・資産形成の達人ファンドの相場下落局面での運用法

セゾン達人ファンドは上記で述べた通り、

前提として「株式投資をする投資信託」を投資対象としています。

しかし、株式相場下落局面では、

「債券投資信託」も投資対象とすることを明言しています

これはリーマンショックなど大規模な経済恐慌に対する策であり、

緊急時への対策を固めているということでもあります。

具体的なセゾン・資産形成の達人ファンドの運用成績は?

セゾン・資産形成の達人ファンドで運用を考えた時に、

やはり気になるのは運用成績ですよね。

以下が直近の運用成績です。

セゾン資産形成の達人ファンド運用成績引用:セゾン達人ファンド運用成績

単純に、

2007年に投資を開始し10年運用していれば10,000円から20,000円まで上昇しており、

資産が2倍になっていることが分かります。

リーマンショックにより下落した局面である約4,000円の時に投資をすれば資産額は5倍になっている計算ですね。

5倍という数字を見ると夢が持てますが、

基本的には世界経済と連動するように分散投資を実行しているので、

世界経済が不況になるともちろん資産額は下がります。

リーマンショック時に分かりやすく下がっていますね。

このような時は上記で述べたようにセゾン資産形成の達人ファンドは、

債券ファンドへの投資に今後は切り替えるものと思いますが一応頭に入れておきましょう。

次に4年間の運用成績をダウ平均とTOPIXと比較してみましょう。

セゾン・資産形成の達人ファンドはTOPIX、

米国株のダウ平均をしっかりとアウトパフォームしております。

ダウ平均はハイテク株など堅調で、

市場として好調ですが、

セゾン・資産形成の達人ファンドの運用成績はそれを上回っています。

セゾン資産形成の達人ファンドのアウトパフォーム
セゾン達人ファンドダウ平均TOPIX】

この運用成績から、

セゾン・資産形成の達人ファンドはアクティブファンドとして優れていると言えますね。

運用が如何に世界主要市場と連動できているかがわかります。

セゾン・資産形成の達人ファンドの手数料はいくら?

最後に気になる

以下がセゾン・資産形成の達人ファンドの取引手数料ですね。

セゾン資産形成の達人ファンド手数料引用:https://www.saison-am.co.jp/fund/master/

手数料が定額ではないところが特徴的です。

購入手数料はありませんが、信託報酬を変動で設定しています。

一応、信託報酬の定義を貼っておきます。

信託報酬(しんたくほうしゅう)

投資信託のコストの一つで、投資信託の運用、管理等の対価として、信託財産の中から運用会社、受託会社(信託銀行)、証券会社等の販売会社へ間接的に支払われます。投資信託を保有している間、毎日一定額が控除されます。

引用:セゾン用語集

なぜ固定ではないかというと、

以下の図を思い出して欲しいのですが、

セゾン達人ファンドはさらに投資信託を選定することになるため、

その選んだ投資信託により手数料が異なる、

ということです。

引用:セゾン投信

セゾン・資産形成の達人ファンドとよく比較されるひふみ投信などは0.5%程度の信託報酬ですので、

少し高い水準にあります。

むすび

最後に総括としてセゾン・資産形成の達人ファンドは、

  • 独立系の投資信託であり、運用開始は比較的容易、
  • 世界の株価の時価総額に応じて分散投資可能、
  • つまり世界経済の成長を享受可能、
  • リーマンショックのような世界経済の危機耐久性は低いことは頭に入れておく必要がある、

といった感じです。

長期でコツコツと資産を増やしたいという方には良い投資方法なのではないでしょうか。

まずは資料請求して今一度情報を把握してみるのが良いかと思います。

→ セゾン資産形成の達人ファンドの資料をとりあえず請求して検討する(無料)

つみたてNISAをはじめるならセゾン投信

こういった資料請求は思い立った時にしかしないのでとりあえず今請求することをオススメします。

届いた資料を、まずは時間のある時に眺めてみましょう。投資の勉強になると思いますよ。

人生、積み重ねで人とどんどん差がつくものです。

以上、セゾン資産形成の達人ファンドを解説・老後に向けたお手軽長期投資…でした。

【2018年決定版・最新おすすめ投資先ランキング】
投資先ランキング

資金を運用するにあたり、投資先の選定で内容や市場をしっかり分析、情報収集を始めると本当に骨が折れます。

そんな手間を省くために、長年投資を実行してきた管理人が、

  • 投資リターン(収益性・利回り)
  • お手軽さ
  • 安定性

 

などの指標を用いておすすめの投資先を徹底紹介しています。

>>【2018】おすすめ投資先ランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です