新興国株式投資

【評判・評価】ニッセイ・インド厳選株式ファンドはインドの投資信託として投資妙味があるのか?

ニッセイ・インド厳選株式ファンド

インドはまだまだ経済水準が低く尚且つ増え続ける人口、

高度な数学やIT知識により成長余地が非常に高いことに加え、

モディ首相が政権を取り財政改革・積極的な経済政策を打っていることもあり、

非常に期待できるで新興国であることは間違いありません。

インドは外国人に対する不動産投資規制が存在している為、

投資を行うのであれば株式投資が現実的な選択肢となってきます。

しかし、個別銘柄に投資を行うとしても何に投資していいか分からない。

取りあえずプロに任せようとインドの投資信託に投資を考える方が、

多いのではないでしょうか。

確かにインドは注目の新興国ということもあり数多の投資信託が組成されているので、

今回はその中からニッセイ・インド厳選株式ファンドについて見ていきたいと思います。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドはどんなインドの投資信託なのか

ニッセイ・インド厳選株式ファンドは

リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメントの指示を受けて、

インド株で株価の上昇が見込まれる銘柄に投資を行うアクティブ型の投資信託です。

リライアンス・ニッポンライフ・アセットマネジメントは名前の通り、

インド最大級の金融サービスグループ傘下の資産運用会社であるリライアンスと、

日本生命の合弁会社です。

リライアンスは日本でいうところの野村アセットマネジメントのような感じですね。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの運用形態

インドは市場平均に連動する投資信託は存在せず、

市場平均連動型のETFは非常に乖離率が高いので、

現実的にアクティブ型の投資信託が有効な選択肢となってくるのです。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの組み入れている企業の規模感は、

大型と中型銘柄をバランスよく組み入れています。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの組み入れ銘柄の規模の比率(参照:月次報告書から管理人作成)

以前高成長インド・中型株式ファンドの分析でも触れたのですが、

インドは中型株式が堅調に推移していたので合理的な構成ですね。

インド中型株の大型株に対して高い利益と堅調な株価

また業種別の構成は金融のシェアが非常に高くなっています。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの産業別構成比率インドの金融機関は不良債権処理にこの数年間追われていたこともあり、

軟調に推移していたので、正直業種構成上は期待できそうにありませんね。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの成績

アクティブ型の投資信託であるので、成績が言うまでもなく重要になってきます。

以下は2014年8月の設定以来の成績は以下のようになっています。

後でインドの指数や他の投資信託とも比較していきますが、

まずは単体で詳しく見ていきましょう。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの成績

2014年後半からは原油価格の減少、中国の株式バブル崩壊と新興国全体に、

ネガティブな状況が続きましたが2016年後半からは盛り返して14.7%となっています。

年率14.7%であれば凄いのですが、インドという市場に投資をしているにも関わらず、

4年間で14.7%というのは酷いと言わざるを得ませんね。

コラム:分配金拠出型投資信託の罠

先程の成績は分配金を拠出せずに運用した場合です。

もう一度先ほどの図に戻ると、分配金を拠出した場合の基準価格は、

ほぼ増えず約10,000円となっています。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの単体成績

拠出した分配金の金額合計は1400円となっているので、

分配金を拠出しない場合の価格11,470円に対して、

分配金を拠出した場合は最終リターンが11,400円となるので低くなります。

あまり儲かっていない投資信託なので、そこまで差は発生していませんが、

儲かっている投資信託の場合は分配金を拠出する場合としない場合で大きな差が出ます。

例えば1,000万円を通して年利20%の投資信託で、

毎年の拠出金100万円を出す場合と出さない場合を考えます。

【100万円の分配金を拠出する場合】
1年目:1000万円×120%=1200万円 ⇒ 分配金100万円拠出 ⇒ 投資元本1100万円
2年目:1100万円×120%=1320万円 ⇒ 分配金100万円拠出 ⇒ 投資元本1220万円
3年目:1220万円×120%=1464万円 ⇒ 分配金100万円拠出 ⇒ 投資元本1364万円

投資元本:1000万円⇒1364万円(+364万円)
分配金:300万円
合計:+664万円

【100万円の分配金を拠出しない場合】
1年目:1000万円×120%=1200万円
2年目:1200万円×120%=1440万円
3年目:1440万円×120%=1728万円

投資元本:1000万円⇒1728万円 (+728万円)

結果的に複利で運用した方が高い成績を残すことが分かりますね。

じゃあ拠出された分配金を更に元本に積み増せばよくない?

と解釈される方もいらっしゃいますが、

一旦分配金として受け取った場合には税金が20%発生します。

先程の例でいうと100万円を分配金として拠出された時点で、

税引後手取は80万円となるので、再投資する場合は更に購入手数料もかかり

75万円程度しか再投資できなくなってしまうのです。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの成績をMSCIインド指数と他の投資信託と比較

話を本題に戻しますと、

アクティブ型の投資信託の良しあしを判断するのは、

単体の成績だけではなく投資国の指数や他のアクティブ型の投資信託と、

成績の比較を行わなければいけません。

今回はインドの指数であるMSCIインド指数と、

新興国市場全体のMSCIエマージングマーケットインデックス、

【参照】
MSCIエマージングマーケットインデックスを徹底評価~新興国インデックスの真実~

インドの投資信託で有名な新生UTIインドファンド、

前回分析した高成長インド・中型株式ファンドを比較分析してみました。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドとMSCIエマージングマーケットインデックスとMSCIインドインデックスと他のインド投資信託との違い

結果からいうとMSCIエマージングマーケットインデックスが、

最もパフォーマンスが高いという結果になってしまっています。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドは新生UTIインドファンドはおろか、

MSCIインド、高成長インド・中型株式ファンドをも下回る成績となっています。

【参照】
高成長インド・中型株式ファンドは評判通りなのか徹底評価

アクティブファンドであるにも関わらず指数や他の投資信託にも劣っており、

投資妙味は低いと断じざるをえないでしょう。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドの手数料

購入時の手数料は3.78%とかなり高く、

年間発生する信託手数料も年率1.89%と決して安くない水準です。

正直成績が良好であれば問題ないのですが、

成績が低くて尚且つ手数料も高いとなれば、

MSCIエマージングマーケットインデックス指数に連動する、

ETFや投資信託を購入した方が良いですね。

ニッセイ・インド厳選株式ファンドのまとめ

ニッセイ・インド厳選株式ファンドはインドのアクティブ型の投資信託ですが、

インドの指数はおろか、他のインド株を対象とした投資信託に対しても

アンダーパフォームしており、投資妙味があるとはいえない。

今現在で非常に期待できる投資先については以下ランキング形式で紹介しておりますので、

参考にしてみて下さい!

【2018年決定版・最新おすすめ投資先ランキング】
投資先ランキング

資金を運用するにあたり、投資先の選定で内容や市場をしっかり分析、情報収集を始めると本当に骨が折れます。

そんな手間を省くために、長年投資を実行してきた管理人が、

  • 投資リターン(収益性・利回り)
  • お手軽さ
  • 安定性

 

などの指標を用いておすすめの投資先を徹底紹介しています。

>>【2018】おすすめ投資先ランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です