2000万円~5000万円資産運用

【2000万円資産運用 】個人におすすめの海外投資先を組み合わせ資産を育てる方法

【2000万円資産運用 】おすすめの海外投資を組み合わせ資産を育てる方法

 

「2000万円」

という金額は大きな資産ですよね。

2000万円とは、世の中的に見たら、どのようなお金なのでしょうか?

以下は厚生労働省の国民生活基礎調査のデータです。

最初の項目の「貯蓄額階級」を見てみると「2000-3000万円」の貯金があるのは全世帯の6.3%に過ぎず

例えばあなたが30代中盤ほどのサラリーマンの場合、

かなり効率よく貯蓄を進めてきたと考えても良いでしょう。

国民調査(貯蓄)
引用:厚労省

全世帯の6.3%ということは、

もしあなたがすでに2000万円以上の資産を持っているのであれば、

100人に6人、

50人に3人、

の割合に入る国民(or世帯)に属しているということです。

2000万円の貯金があったら何をする?自己投資・定期預金・投資信託?」という記事でも触れていますが、

稼いだお金をブランド物や高級食など簡単に消費に回したり、

あまり深く考えずに定期預金したり、

儲からない投資信託で運用するのはとても勿体無い金額です。

この記事では老後を考えて、

「2000万円を出来る限り安全性を高めながら資産を大きく育てる資産運用方法」

「なお且つ来るべき日本の財政破綻に耐えうる投資手法」

という『攻守』併せ持った手法を、

今現在2018年時点で2000万円を保有している方向けに解説していきたいと思います。

まずは一気におすすめの投資先と、おすすめのポートフォリオ例を紹介していきます。

2018年時点で資産2000万円のおすすめの投資先

おすすめ資産運用

まずは、一気に2018年時点で2000万円を運用する際の、

おすすめの投資先を紹介していきたいと思います。

なぜこの投資先なのか?

という点に関しましてはポートフォリオ例の後にじっくり解説します。

ひとまず大まかに紹介するとおすすめ投資先は、

  1. 経済成長著しい大きなキャピタルゲインが狙え手間も掛からない新興国不動産
  2. 資産を海外逃避しながら年利回り5%〜20%と安定的に資産を育てることができる海外ヘッジファンド
  3. 世界経済の成長を享受できるセゾン投信

の3つです。

それでは以下ではそれぞれ詳細に解説していきたいと思います。

1) 今後の成長が魅力的な「新興国不動産」

経済成長著しい新興国不動産が、今回の肝で今現在2018年という時流にのった投資先です。

私が今おすすめしたいのは私自身も投資している「バングラデシュ不動産」です。

やはりまず一番大きいのは「キャピタルゲイン」であり、

「時流に乗った」今まさに上昇する不動産投資を行えば数年で数倍に跳ね上がる投資先です。

不動産価格が暴騰した「日本の高度経済成長期初期・1960年代」の経済レベルと同じ水準で、

今飛ぶ鳥を落とす勢いで発展しているバングラデシュなのです。

→ バングラデシュ首都ダッカの現在を日本の1960年代と比較&考察

さらに、

バングラデシュは新興国の中では珍しく「土地そのもの」に投資することが出来るという魅力があります。

バングラデシュの本当に魅力的な土地に投資をすることが出来れば「3年~5年」で「4倍~8倍」、上手くいけば10倍以上の利益を獲得することが出来ます。

またバングラデシュのような「国内需要(=内需)中心」の成長をしている国では、

たとえリーマンショクのような世界危機が発生したとしても5%以上の成長を維持することが可能なため、

危機発生時の体制も強いという強みもあります。

→ バングラデシュ不動産・首都ダッカへの海外投資の魅力を徹底解説

→ バングラデシュにGS・JPモルガン注目・世界有数の成長国への投資

そして、バングラデシュの「土地」を所有することになりますので、

概ねドルと同じ動きをするバングラデシュタカ建の資産を保有することが出来ます。

米国の債務も年々指数関数的に増大しており、

このままでは財政問題が深刻化しインフレ並びに預金封鎖が起こらないとも限らないので、

今後発展することが確実な新興国の通貨を保有することはより安全性を高める結果になると見ています。

日本のドル円レートが戦後360円から100円に割り込む程円高となったのが良い例ですね。

→ 米国(アメリカ)の預金封鎖の過去事例と今後発生する可能性を検証

更に先ほども説明した通り、日本の財政破綻による預金封鎖からの資産課税が行われたとしても海外に資産があるので、

課税の対象にはならず資産を保全することが出来るというメリットもあります。

また私がおすすめできる点として、日本にいながら海外不動産投資であるにも関わらず、

わずか「100万円」から投資できる手軽さにあります。

海外不動産といえば、

コンドミニアムの購入で安くて700万円程度、

高ければ2000万円~3000万円、

という規模での投資となるイメージがあります。

しかし、私のバングラデシュ不動産投資を任せているTop Field Japanでは、

「100万円」

から投資可能、

100万円以上からは、

「10万円単位」

で投資額を調整することが出来ます。

→ バングラデシュ不動産を煩雑な処理なしで投資実行する唯一の方法を紹介~必見の海外不動産セミナー~

→ TopFieldJapan選別地区・バングラデシュ不動産投資事例

100万円から投資できるということは、

2000万円の中から自分のリスク許容度に合わせて投資する割合を調整することが出来るということを意味します。

仮に500万円を投資して、4年後に6倍にすることが出来ると3000万円にすることが出来ます。

投資しなかった1500万円と合わせると4500万円ですね。

4年間で2000万円⇒4500万円とすることが出来るので、十分にブーストに適した運用先であるということが出来ます。

バングラデシュ不動産に関してはよりわかりやすく投資先ランキングで解説していますので参考にしてみてください。

おすすめ投資先ランキング

ランキング

2) 海外籍のヘッジファンド

ヘッジファンド

次におすすめしたいのは、

バングラデシュで大きく稼いだ金額を海外に逃避させたまま安定的に5%~20%の運用が見込める海外のヘッジファンドへの投資です。

すでにまとまった資産のある方はヘッジファンドを直接検討しても良いでしょう。

さて、せっかく海外不動産などに投資し、

スタートダッシュで大きな資産を築いたとしても、

それを預金封鎖などされて資産課税で徴収されたら立ち直れませんよね。

そのような方には日本にいながら500万円から(場合によってはそれ以下でも可能)投資できる日本人のみによって運用されている「海外ヘッジファンド」がおすすめです。

海外送金を行い海外での運用を行うので、

資産逃避」を行うことができますし、

オフショア地域での運用となるので税金も運用している間は発生しません。

バングラデシュ投資と同じで税金が発生するのは日本に引き戻す時だけでよいので、

日本国内で運用するよりも良好な成績が期待できるのです。

私が一部の資産を預けているファンドは二つあります。

① 新興国投資ファンド(Frontier Capital)

私が運用している新興国投資ファンド・フロンティアキャピタルは、

魅力的な新興国に投資して大きな利益を狙う」

という哲学のもと運用されています。

基本としているのは成長著しい新興国で圧倒的に、

「割安」

に放置されている国の株式に投資をするというもので、

次の項で解説するバリュー株ファンドよりはリスクは高いですが大きなリターンも期待することが気できます。

また日本円から新興国の通貨に変換して投資実行可能なので、

通貨分散

を行うことが出来るというメリットがあります。

債券と株の比率を優秀なファンドマネージャーの裁量で自由に組み替える柔軟性もあるため、

危機発生時でも資産を守ることも可能で攻守備えたファンドであると期待して、

こちらにも一部投資を行っております。

2018年4月から運用を開始し、最初の3カ月で16.6%(年率65%)という驚異的な結果を出しており、

非常に堅調であったことを差し引いても年率20%程度を狙うことが出来る有望な投資先であると考えています。

→ Frontier Capital(フロンティア・キャピタル)新興国株投資ファンドを分析する

→ ヘッジファンド・おすすめ投資先ランキングを紹介~日本人一流ファンドマネージャーによる運用~

② バリュー株投資ファンド

バフェットの師ベンジャミン・グレアムによって開発されたバリュー株投資を改良して運用し、

年率10%程度の運用を運用開始以来5年以上続け資産運用額も40憶円以上となっています。

このファンドの特徴はバリュー株投資を行っているのでチャイナショックやBrexit、

更には直近の2018年最初の3か月の日経平均が10%近く落ちた局面も無傷で乗り切っており、

半年ベースで1度もマイナスの運用となったことはありません。

大きく育てた資産を資産逃避させながら長期投資で複利効果で増やしていきたい方にはおすすめのファンドです。

こちらのファンドは問い合わせていただければご紹介も可能です。





3) セゾン投信(資産形成の達人ファンド)

最後に、先程のバングラデシュ不動産は最初の段階で資産を飛躍的に増加させるための投資先ですが、

人によっては安定的な運用を行いたいという方も多いと思います。

そんな方におすすめなのは世界経済の成長を享受できるセゾン投信です。

大きく資産を増やしたい人はバングラデシュ不動産に投下する割合を大きくして、

地道に資産を増やしたい方はセゾン投信の割合を多くするという風に柔軟に組み立てていただければと思います。

→ セゾン資産形成の達人ファンドを解説・老後に向けたお手軽長期投資

ただし、世界経済の影響を大きく受けるため、

金融危機発生時には大きく資産価格を下落する可能性があることと、

国内での資産運用なので預金封鎖の対策にはならない、

ということは留意しなければいけません。

2000万円を資産運用で最速で1億4000万円を達成するポートフォリオの例

ここまで有望な投資先を紹介してきましたが、

2000万円を運用して目標の1億4000万円を達成する為の、

プランを紹介したいと思います。

《初年度》
1000万円:バングラデシュ不動産(3~5年で4倍~8倍)
500万円:フロンティアキャピタル(年率20%)
500万円:バリュー株ファンド(年率10%)

上記のように分散投資し、

遅くとも5年後にバングラデシュ不動産が平均成績6倍になり売却した場合以下のようになります。

現金:           6000万円
+フロンティア・キャピタル:1240万円 (年率20%運用)
+バリュー株ファンド:   800万円(年率10%運用)

計:8040万円

になります。

ここで現金3000万円ずつをフロンティア・キャピタルとバリュー株ファンドに投資を行えば、

フロンティア・キャピタル:4240万円 (年率20%運用)
バリュー株ファンド:3800万円(年率10%運用)

となるので、ここから更に4年後に

フロンティア・キャピタル:8792万円(年率20%運用)
バリュー株ファンド:5563万円 (年率10%運用)
合計:1億4355万円

と運用開始から10年で2000万円を運用して1億4000万円を達成することが出来ます。

あくまで一例ですが、2000万円を資産運用する際に参考にして頂ければと思います。

それでは、なぜこのような投資先をおすすめするに至ったのか?

じっくり解説していきたいと思います。

老後に向けて必要な資産を築く

老後の生活

まず資産運用を行うにあたっては「目標」を設定しなければいけません。

多くの人がこれは理解していますが、面倒くさいですよね。

しかし必要なのです。

面倒くさいでは片付けられない事実をまだあまりわかっていないことが要因なのかもしれません。

 

今回はまず、恐らく誰もが直面することとなる「老後の生活費が足りなくなる恐怖」について少し解説したいと思います。

以前老後に必要な資産を検証しましたが、

→ 老後の生活に必要な資産は?~マクロ経済スライドで年金が減額される未来 

今後インフレが発生すること、年金の金額が少なくなること、

平均寿命が延びることを勘案すると保守的に見積もって定年退職時に1億4000万円程の資産が必要であることを検証しました。

「多すぎないか?」

「1億・・・?」

と思うかもしれませんが、

老後の生活については予測不能な点が大きいため最も保守的に考える必要があります。

簡単に1億4000万円の内訳を説明すると、

30万円(生活費/月)×12ヵ月×40年(60歳~100歳) = 1億4400万円

これに「医療費」「葬儀費用」「介護費」「冠婚葬祭費用」「マイホーム修繕費」も掛かってきますが、

今回はこの1億4000万円という資産を構築することを目標に

2000万円を運用する際に必要な考え方を理解していきましょう。

資産運用で必要な考え方・必要性を徹底的に理解

資産運用で必要な考え方

資産運用を行う上で、最初に理解しておかなければならない点があります。

それは「無意味な資産運用をしない」ということです。

資産運用は時間が経てば経つほど効果を発揮しますので、できるだけ無意味な資産運用をしてしまう時間を省く必要があります。

時は金なり、という言葉は真理だなと思う次第です。

 

例えば、大手の金融機関の営業社員は積極的に様々な資産運用を提案しますが、

本当にその方法があなたの資産を運用するに当たり、

適切なものであるかどうかの保証はありません。

特に、投資信託に関しては公募でお金を集めれば集めるほど手数料で儲けを得るビジネスであり、

運用成果はそこまで重視されず、実際に成績もよくありません。

この場合、あなたの資産を使って大手金融機関が得をしている構造になってしまいます。

この点は詳しく以下の記事で説明しています。

→ 『機会損失注意』投資信託・ヘッジファンド成功報酬型手数料を比較

あなたの資産は、確実にあなた自身にリターンがあるものでなくてはなりません。

正確に自分にリターンのある資産運用方法を選べるようになりましょう。

そのためには、

  1. 複利効果
  2. 初期の資産構築
  3. インフレと預金封鎖に備えた資産運用

と、上記3つの重要性を最初に理解しておくことが大切です。

では、それぞれ詳細に解説していきます。

1) 複利効果の偉大さを把握しよう

複利効果

まず資産運用の基本である複利効果の力を借りるのは大前提です。

複利効果とは、

あのアインシュタインをして「人類最大の発見」と言わしめた偉大な効果で、

たとえ数%の運用成果でも毎年積み重ねることに爆発的に増加していく事象を指します。

つまり、

複利効果を最大限に活かすには「利回りの高い」商品を徹底的に選ぶ必要があります。

最もこの複利効果を実感していただくために、

米国の1802年に1USDを株・債券・国債・金・現金に投下した場合の2013年時点(下軸の一番右)での価値をご覧ください。

株 :Stocks
債券:Bonds
国債:Bills
金 :Gold
現金:Dollar

資産運用の必要性
引用:Marrota Asset Management

このグラフは「対数グラフ」といわれる特徴的なもので、

左軸の数値が1目盛10倍ずつ増えていっており、

毎年一定のペースで資産が成長していけば「直線的に」増加していくグラフになります。

左上の各資産のパーセンテージは平均の年率を示しており、

株は年平均6.7%で成長していっていることを表しています。

株 :Stocks ⏩ 6.7% ($930,550)
債券:Bonds  ⏩ 3.5% ($1,505)
国債:Bills     ⏩ 2.7% ($278)
金 :Golds   ⏩ 0.6% ($3.21)
現金:Dollar  ⏩ -1.4%($0.052)

上記を見てみると年率6.7%で成長する株は2013年時点でなんと$930,550に成長しており、

2位の債券は年率3.5%で成長しているにも関わらず$1,505と大きな差となっています

債券は年率でみると3.2%なのに200年以上ともなってくると「600倍」の差となってくるのです。

如何にパーセンテージが大きい資産に投資をすると複利効果が大きな力を持っているかをご理解いただけたかと思います。

株の利回りを理解して投資した人と、

債券を選んだ人との間で資産が600倍異なるのです。

では年率5%と10%で2000万円を運用できた場合の資産の伸びを示したのが以下となります。

2000万円資産運用

2000万円を毎年10%で運用できれば20年後には1億4000万円の資産を構築することが出来ます。

2) 最初に資産を大きく育てる有効性

スタートダッシュ

複利効果の偉大さについて確認した上で、

年率10%で2000万円を運用できたとしても20年もかかる、

もう少し早く目標額を達成しアーリーリタイアしたいと思いますよね。

20年ひたすら待つのでは夢がありません。

私がおすすめしたいのは、

まず最初に2000万円を大きく増やした上で、

その後、その大きな資産で安定的な運用を行う、

という方法です。

例えば今後5年で、

「2000万円」を3倍の「6000万円」にした後、

「5%」と「10%」で運用した場合を考えてみましょう。

2000万円運用爆発

「10%」で運用した場合は12年目で1億4000万円を達成し、

「5%」で運用した場合は20年目には1億4000万円を上回ることが出来ます。

ですが、3年で3倍になるような方法なんて実際にあるのか?

と疑問に思われるかもしれません。

仮想通貨などの「博打・投機」とは異なる確かな「資産運用」で目標額を実現する方法を今回は「おすすめ投資先」で紹介します。

3) インフレと預金封鎖に備えたキャピタルフライト

次に資産運用をこれから行う上で知っておく必要があることとして「日本の財政破綻」からの「預金封鎖」のリスクです。

ご存じの通り、

日本の政府債務は1400兆円とGDP比で230%を超え

政府の債務を賄っている頼みの「家計資産・1800兆円」に年々迫ってきています。

日銀は年率2%程度のインフレを起こし、

現金価値の低下に伴った債務の価値を減らす政策を行っています。

そのため、

これから資産運用を行う場合では来るべきインフレに備えないといけません。

もう少し日銀のデータを元に詳細に日本の財政破綻リスクの概要を述べると、

  • 日本は借金は確かに巨大ではあるが、見合いの莫大な資産が存在する為、問題ないという根拠が世の中の通説。
  • 日本は「対外純資産額」は世界最大の国だが、仮に全部の資産を換金可能であるとしても現在の430兆円と殆どGDP分の借金を背負っていることになる。
  • 企業でいうと圧倒的な債務超過で破産状態
  • 日本国の毎年の税収は55兆円程度、売上の8年分の債務超過になっている状況。
  • そして毎年、純損失が45兆円発生し続けており、債務の増加ペースは増大している。
  • 日本国家財政単体として借金を減少させるには、円安とインフレが必要。
  • その狙いは海外資産の資産価値が増加すること、円の価値の希薄化で借金そのものの金額を下げること。
  • 個人で投資を考える際にも、国の政策と同じ動きをすれば資産の保全性が高まる。

ということになります。

また日銀が「緩やかなインフレ」(=ソフトランディング)を発生させることに失敗した場合、

「急激なインフレ」(=ハードランディング)が発生してます。

その結果、

財政破綻懸念により政府の信任低下による急減な日本円の「※現金価値低下」により借金の価値が減価する流れとなります。

※インフレ(物価上昇)により、タンス預金などの現金価値は目減りする

現在の日銀の金融緩和は預金金融機関からの国債購入となっていますが、

購入できる預金の金額は枯渇しかけており、限界を迎えようとしています。

このまま適度なインフレが発生せず緩和を継続した場合、

今後3年から10年以内に財政破綻からの強めのインフレが起こり、

最終的に「預金封鎖」が発生する可能性があると考えています。

預金封鎖

預金封鎖は、ある一定期間、預金等の金融資産の引き出しを制限または禁止することをいいます。

政府において、国の財政が破綻寸前になった場合、預金等の国民資産を把握し、その資産に対して税金を掛けて政府収入に充てることにより、破綻から免れようとすることなどを指します。

なお、政府の破綻(危機)対策では、通貨切替などをした上で、旧通貨を無効にし、旧通貨を金融機関に回収させる方法が取られることがあり、この場合にも「預金封鎖」が行われます。

引用:預金封鎖

戦後の日本でも預金封鎖を行った事例があり、

預金封鎖の後に保有している資産を把握された上で「資産課税」が実施されました。

ここでいう「資産課税は、国や地方公共団体が、

預金封鎖を実行し、個人や法人の資産や財産に対して、

国の財政を立て直すために課税することをいいます。

資産課税では預金だけでなく日本国内の、

「不動産」

「株」

「金」

などの「全資産」が課税の対象になります。

仮に資産課税を逃れたとしても、預金を封鎖されている間にインフレが進み、

引き出せるようになった時には、元の価値の何分の1の価値に減価してしまいます。

2000万円を銀行に封鎖されてしまいインフレが100%進行すれば、

引き出した時には1000万円の価値しか有さなくなってしまうのです。

日本円の価値の下落(=インフレ)と預金封鎖・資産課税を回避するためには、

「海外資産への投資を資産ポートフォリオに盛り込む」

ことが不可欠になります。

ポートフォリオの構築方法はハーバード大学を例に以下の記事にまとめていますので参考に。

→ 資産ポートフォリオの作り方と注意点・ハーバード大学基金投資構成例

  • 資産を大きく育てるには「複利効果」の力を借りる必要があることを認識する必要がある。
  • 毎年10%で運用できれば2000万円は20年後に1億4000万円まで増加する。
  • 複利効果を最大限に活用するためには、早い段階で資産を増加させた後に安定的な運用を行うことが必要。
  • 国の政策からみるインフレ・預金封鎖への対策の為にキャピタルフライトの必要性を認識する必要がある。
  • 日本の政府債務は1400兆円とGDP比で230%を超える。
  • これは政府の債務を賄っている日本国民の家系資産である1800兆円に毎年近づいている。
  • 日本円の価値の下落(=インフレ)と資産課税を回避するためには海外資産への投資を運用ポートフォリオに盛り込むことが不可欠になる。

むすび

以上、[【2000万円資産運用 】おすすめの海外投資を組み合わせ資産を育てる方法]でした。

保守的に算定して老後に必要な資産である「1億4000万円」を構築するためには、

複利の効果を利用するのは絶対条件ですが、

最初に資産を大きく増やすことで複利効果を増幅することが重要です。

また今後可能性が高まる日本の財政破綻に備えるために、

海外資産を保有して資産を逃避させるとともに通貨分散を行いインフレに備える必要があります。

現時点2018年で最もおすすめでき短期的に大きな値上が益(3~5年で4倍~8倍)を見込めるのはバングラデシュ不動産となり、

最初に大きく資産を増やした後は、

資産を国外に逃避することが出来る海外ファンドで安定的に運用を行い大きな資産を構築していきましょう。

以下のランキングでは上記情報も含めた投資先の比較も容易に理解できるよう解説していますので覗いてみてくださいね。

そのほか金額別に資産運用の解説もしていますので、参考にしてみてください。

【2018年決定版・最新おすすめ投資先ランキング】
投資先ランキング

資金を運用するにあたり、投資先の選定で内容や市場をしっかり分析、情報収集を始めると本当に骨が折れます。

そんな手間を省くために、長年投資を実行してきた管理人が、

  • 投資リターン(収益性・利回り)
  • お手軽さ
  • 安定性

 

などの指標を用いておすすめの投資先を徹底紹介しています。

>>【2018】おすすめ投資先ランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です