新興国株式投資

HSBCインドオープンを徹底評価~評判のインド投資信託の今後の見通しとおすすめの新興国投資先~

HSBCインドオープン

インドは成長力の高い魅力的な新興国ということもあり、

目をつけられている方も多いのではないでしょうか。

インドは法律で利益獲得を狙う不動産事業の外国人の参入を禁止しているので、

個人投資家の現実的な投資先としては株式投資になります。

個別銘柄を選ぶのは難しいと考えられる方は、

ETFはインドのSENSEXやNifty指数との乖離率が非常に高いということもあり、

投資信託を選択肢として考えられている方も多いのではなにでしょうか。

前回は話題の高成長インド・中型株式ファンドについて特集してきましたが、

本日は同じアクティブ型の投資信託であるHSBCインドオープンについて、

分析していきたいと思います。

【参照】
高成長インド・中型株式ファンドを徹底評価

HSBCインドオープンの目標とするインデックスは??

HSBCインドオープンは名前から分かる通り世界最大のメガバングHSBC系列の、

HSBC投信株式会社によって運営されています。

アクティブ型の投資信託ですが目標とするインデックスは、

S&P/IFC Investable Indiaとなります。

S&P/IFC Investable Indiaとは、インドの非居住者がインド株式への投資を行うことを前提として、時価総額、流動性や非居住者に対する各種投資制限(個別株、業種等)等を考慮し算出された時価総額加重平均インデックスです。

(引用:HSBCインドオープンの目論見書)

ベンチマークに対する成績について見ていきましょう。

HSBCインドオープンのベンチマークに対して低いパフォーマンス

HSBCインドオープンはアクティブ型の投資信託なので、

ベンチマークに対してプラスの成績を収めているかが非常に重要になります。

以下手数料控除後のHSBCインドオープンの、

S&P/IFC Investable Indiaとの比較なんですが大幅にアンダーパフォームしています。

HSBCインドオープンの成績vsベンチマーク2004年11月ベースでベンチマークが5倍になっているにも関わらず、

分配金再投資した場合のパフォーマンスでも2.5倍にしかなっておらず、

半分の実績になっています。

データとしてみても常にどの期間で見てもベンチマークを下回っています。

HSBCインドオープンvsベンチマークの成績またここで、悪い意味で重要なのは分配金を出しているということです。

分配金を拠出した後の基準価格が20,000円なのに対して、

分配金再投資した場合の基準価格は25,000円となります。

一方拠出された分配金は3,550円となります。

HSBCインドオープンの配当金

つまり分配金3,550円と基準価格20,000円を足し合わせても23,550円にしかならず、

分配金再投資後の25,000円には及ばないのです。

以前投資信託が抱えるリスクとはで纏めているのですが、

毎月分配型投資信託という形態は金融先進国の欧米では組成されておらず、

日本特有の仕組みであり、結果的に最終利益が凹んでしまうという結果となり、

本当に投資家目線での仕組みとはなっていないのです。

HSBCインドオープンの他の投資信託とのパフォーマンス比較

先程HSBCインドオープンの成績が芳しくないことを見てきましたが、

他のファンドも全て指数を下回っていたら、相対的にはましな投資信託ということになります。

以下が、前回分析を行った高成長インド・中型株式ファンドと、

インド投資信託で優秀な成績を集めている新生・UTIインドファンドとの比較です。

HSBCインドオープンの他のインド投資信託との成績比較

MSCIインド指数のみならず、新生UTIインドファンド、高成長インド・中型株式ファンドに対しても大きく劣った成績となっていますね。

特にこの1年~3年の成績が芳しくないですね。

HSBCインドオープンの他のインド投資信託との比較チャート

チャートからみても特に2018年に入ってから特に軟調に推移していることが見て取れます。

HSBCインドオープンの低パフォーマンスなのか産業別配分から考察し今後の見通しを分析する

HSSBCインドオープンの産業別構成比率をMSCIインド指数と比較してみてみましょう。

S&P/IFC Investable Indiaは業種別組入銘柄は非公開なので、

一般的にベンチマークとして使用されるMSCIインド指数を比較対象として用いています。

左側がHSBCインドオープン、右側がMSCIインド指数なのですが、

HSBCインドオープンの方が銀行の割合が多く、ITセクターの比率が少なくなっています。

HSBCインドオープンの産業別構成比率vsMSCIインドの産業別構成比率

この間インドの銀行は不良債権処理に追われて、

弱含んで推移したことが重しになったと考えられます。

今後の見通しとしては2016年末に行われた高額紙幣の廃止の影響で、

国民が銀行口座を持ち始めたことを考えると、

今後銀行収益が続伸していくことが想定されますので、

ベンチマークに対して挽回基調となっていくのではないかと考えております。

しかし、インドの株式市場自体が誰の目から見ても魅力的な市場なので、

PERが25倍ということもあり割高水準となっていますので、

一旦の調整が起こり得ることは十分に考えられます。

HSBCインドオープンの手数料

HSBCインドオープンに限った話ではありませんが、

HSBCインドオープンは購入手数料・信託手数料ともにアクティブ型投資信託の中でも、

高い水準となっております。

HSBCインドオープンの手数料

販売手数料3.78%で信託報酬が2.16%(年率)であることを考えると、

初年度は合計で5.94%と実に6%近い手数料が発生することになります。

これだけの手数料を払って指数や他の投資信託よりも、

低いパフォーマンスしか出せていないことを考えると投資する価値はなさそうですね。

新興国の投資信託が高い理由として、

現地市場へのアクセスに費用が発生することや、

取引するたびに発生する為替手数料が高いことも影響しています。

インドの投資信託より大きなリターンを狙うことが出来るおすすめ新興国投資法

HSBCインドオープンはアクティブ型の投資信託として高い手数料が発生するにも関わらず、

ベンチマークを大きく下回る成績しか出せていない投資妙味が少ない投資信託です。

インド投資信託の中には新生UTIインドファンドのように指数を上回る投資信託もありますが、

そもそも先ほども申し上げた通り、インドの株式市場自体が割高となっており、

現時点で投資を行うと高値掴みとなってしまう可能性があります。

新興国投資で大きな利益を狙うことができる投資先については、

私が最も今注目している3~5年で6倍が狙えるバングラデシュ不動産や、

年利20%が狙える新興国株ファンドについて以下ランキングに纏めておりますので、

参考にしてみて下さい!

 

【2018年決定版・最新おすすめ投資先ランキング】
投資先ランキング

資金を運用するにあたり、投資先の選定で内容や市場をしっかり分析、情報収集を始めると本当に骨が折れます。

そんな手間を省くために、長年投資を実行してきた管理人が、

  • 投資リターン(収益性・利回り)
  • お手軽さ
  • 安定性

 

などの指標を用いておすすめの投資先を徹底紹介しています。

>>【2018】おすすめ投資先ランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です