新興国株式投資

【2019年最新版】新興国の投資先、おすすめ度ランキング

 

日本の株式市場はバブル崩壊以降虫の息で、世界で一番パフォーマンスの悪い株式市場といっても過言ではありません。

一方、新興国を見渡すとかつての日本のように大きく株式市場が上昇する株式市場が多く存在しています。

今回は「投資リターン(収益性)」「成長性」「株式市場割安度」などの指標を用いておすすめの新興国株投資先をランキング形式で紹介しています。

YOSHITAKA
YOSHITAKA
新興国株投資を分析しつくしてきた私の目線で選定していますので参考にしてください!
1位:『フロンティア・キャピタル (Frontier Capital)』

フロンティア・キャピタルは日本株のバリュー株投資で実績をあげたヘッジファンドが満を持して設立した2号ファンドで、2018年4月から運用を開始している。

成長力が高く尚且つ割安な新興国市場に投資を行う有望なファンドであり、2018年時点では最も投資対象としての魅力が高い。

現在の中国やロシア、マレーシアのような山を越えた新興国や、ベトナムのように成長力は高いが既に割高な株式市場は投資対象から外している。

同社が投資している国の一つがイラン。同国の株式市場は大きな成長力を秘めていながらも主要銘柄であってもPERが4倍~7倍という異常な割安水準となっており、正当な評価に戻れば4倍、成長を織り込めば5年で10倍が見込める市場

ヘッジファンドマネージャーは非常に腕利きで、債券と株、現金の保有比率を柔軟に組み替えて危機を事前に察知して乗り切る嗅覚も有している

最低投資額は1000万円となっているが、立ち上げ当初ということもあり、それ以下の金額例えば500万円程度でも投資を受け入れているとのこと

また通常のヘッジファンドのロックアップ期間が1年である一方同ファンドは四半期に1回引き出すことが可能であり、流動性が高いのも評価点。

総合評価
平均得点4.33/5.0
最低出資金額500万円 (500万円未満応相談)
相談先Frontier Capital (フロンティア・キャピタル)
戦略成長著しい割安新興国株式投資

解説ページ公式ページ

管理人コメント

例として挙げたイランは日本でフロンティア・キャピタルしかイラン当局から投資許可を得ているファンドはなく、まさに名前に恥じない先駆者としての投資を実行している。

ファンドマネージャーは一早くトランプの経済制裁前の空気を感じ取り株式から債券投資に切り替え、危機発生時すらプラスの収益を獲得している。このあたりのリスク感覚も高評価。

結果については当ブログで逐一報告は行うが、今後数年で投資先の国の株式市場が一気に上向いて行く可能性が高く、投資するのであれば機会を逸失しないようできうる限り早い投資を推奨

 

2位『野村NEXT FUNDS インド株式指数・Nifty50連動上場投資信託』
野村インドファンドETF

インドの株式指数であるNifty50に連動する上場投資信託。上場投資信託(ETF)とは投資信託とは異なり市場が開場しているときに株式同様に取引が出来る金融商品で流動性は非常に高い。

インドは言わずとしれた成長国で、今後中国を抜かす見込みの人口も相まって経済規模は拡大の一途を辿ることが見込まれる。ただ、株式市場は既に将来の成長を織り込んだ水準で、割安な魅力的な水準とはいえない。

また昨年度の高額紙幣禁止政策に代表されるように突如とした劇薬的な政策の発動にも注意したい。

総合評価
平均得点3.8/5.0
最低出資額100口で1.6万円程度
問合せ先野村アセットマネジメント
戦略インド株インデックスに連動

解説ページ公式ページ

管理人コメント

インドは確かに将来的に世界最大のGDPとなることが見込まれる超大国になる潜在性を秘めていますが、一人当たりGDPは1,000USDを超えたところでまだ株式市場が上昇する段階には至っていない。

国の発展の過程では、まず不動産市場が上昇し、遅れること10年~20年して株式市場が上昇する傾向にある。

 

3位 『MSCIフィリピン ETF』

 

MSCIフィリピンチャートRaderチャート

 

ETF組成に定評のあるMorgan Stanley Capital International社(通称:MSCI社)がフィリピン株式指数との連動を目指したETF。フィリピンは成長力は高いが、インドと同様に株式市場が将来の成長を織り込み割高水準となっている。

総合評価
平均得点3.5/5.0
最低出資額3000USD (約33万円)
問合せ先MSCI社
戦略フィリピン株指数連動のETF

解説ページ公式ページ

管理人コメント

フィリピンは東南アジアの中で成長が非常に見込めて中国依存度も高いため、経済自体は魅力的。

しかし株式市場が割安で、この5年間横ばいを辿っておりモメンタムが悪いことから投資をするタイミングを見計らう必要がある。

 

YOSHITAKA
YOSHITAKA
新興国株投資ランキングは以上となります。新興国投資というのは非常にチャンスの大きい投資方法なので、ぜひ参考にしてみて下さい!
【2018〜2019年決定版・最新おすすめ投資先ランキング】
投資先ランキング

資金を運用するにあたり、投資先の選定で内容や市場をしっかり分析、情報収集を始めると本当に骨が折れます。

そんな手間を省くために、長年投資を実行してきた管理人が、

  • 投資リターン(収益性・利回り)
  • お手軽さ
  • 安定性

 

などの指標を用いておすすめの投資先を徹底紹介しています。

>>【2018】おすすめ投資先ランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です