投資信託

結局投資信託はどれくらい儲かる?アクティブ・パッシブの平均利回りを解説

 

「結局、投資信託ってどれくらい儲かるのか全くわからない」

こんな言葉をよく聞きます。

日本では特に、投資を考えた時に、最も身近な投資先として「投資信託」があると思います。

しかし、投資信託は投資信託でも色んな商品が多過ぎて、

結局平均でどれくらい儲かるのかなんて簡単にはわかりません。

今回は、過去に投資信託を購入し運用した私の経験から、

そもそも投資信託の儲けの平均とはどれくらいなのか?

儲かる投資信託はどれなのか?

と論じた上で、

2018年時点での私独自の分析に基づいた、

おすすめの投資先について紹介していければと思います。

まず、本文に入る前に、

投資信託とは、

「パッシブ型」

「アクティブ型」

という二つの種類に大別されることを思い出しておきましょう。

↓↓↓

パッシブ型投信

「インデックス型投信」とも呼ばれ、基準価額がある指標(インデックス)と連動することを目指して運用する投資信託をいいます。

これは、パッシブ運用の一つである「インデックス運用」により行われ、その対象となるインデックスには、日経平均株価やTOPIX、S&P500などに代表される平均株価指数などがあります。

引用:パッシブ型

アクティブ型投信(アクティブ投信)

予め定めたベンチマークよりも高い収益率の獲得を目指して運用する投資信託をいいます。これは、運用担当者(ファンドマネジャーや運用チーム)が自らの相場観や運用方針、運用手法などに基づいて投資する銘柄を決定し、予め定めたベンチマーク(TOPIXや日経平均株価などの市場平均)よりも高い収益率を獲得することを目指して運用する「アクティブ運用」のファンドです。

通常、どのような市場に対して、どのような方針で銘柄を選び売買するかについては、各々のファンドによって異なっており、その方針は目論見書に詳しく書かれています。

引用:アクティブ型投信

 

投資信託の「儲け」の平均とは、

パッシブ型」と「アクティブ型」の投資信託で分けて、

平均利回りを分析することによって、

一体投資信託ではどれくらい儲けることができるのか?

がわかってくるのです。

パッシブ型の平均利回り、アクティブ型の平均利回りを確認した上で、

どちらの投資信託を購入するか、というところが出発点です。

詳しくは本文で解説していきますね。

「パッシブ型」投資信託の平均運用成績を解析

まずはパッシブ型ですね。

市場平均である日経平均や、

米S&P指数に運用成績が連動する形の投資信託です。

指数構成銘柄を保有すれば同様の成績を出すことが出来るので、

各銘柄を分析することはなく投資信託を組成することが出来ます。

また近代ポートフォリオ理論に基づくと、

長期的には、市場平均は長期的にみると高いパフォーマンスを上げることが知られており、

次に紹介するアクティブ型の投資信託より、

高いリターンを叩き出すとされています。

以下に日本の日経平均と米国の「市場平均S&P指数」の、

5年、10年、20年、30年の平均年利をまとめました。

これが投資信託の「儲けの平均」に該当します。

【過去5年】
日本:13.49%(アベノミクスの追い風)
米国:11.52%

【過去10年】
日本:1.57%(リーマンショックの影響)
米国:6.98%

【過去20年】
日本:0.78% (ITバブル崩壊の影響)
米国:7.94%

【過去30年】
日本:0.18%(平成バブル崩壊の影響)
米国:9.89%

 

日本の株式市場の市場平均である日経平均は、

アベノミクスの期間は息を吹き返していますが、

この30年間ていたらくを続けたため、

30年間の平均のリターンは0.18%となっています。

しかし金融市場の先進国である米国の株式市場の「S&P指数」は、

この間好調で、年率10%程度の運用成績を収めています。

ITバブル崩壊リーマンショックで大きく落ち込む局面もありますが、

順調に成長していっているのが読み取れますね。

S&P指数

↓↓↓

S&P指数

この辺で察しの良い方は少し疑問を感じると思います。

「1990年の日経平均最高値が39,000円目前だったのだから、30年間のリターンはマイナスなのではないか?」

しかし、この30年間で拠出した配当金を加味すると、

わずかばかりですがプラスになるのです。

アクティブ型投資信託の平均運用成績を解析

パッシブ型の投資信託が指数連動を目的にするのに対して、

指数(ベンチマーク)に対してプラスの成績確保を狙う投資信託がアクティブ型の投資信託です。

パッシブ型の投資信託が銘柄選択を指数と同じ銘柄・同じウェイトで構成しているに対して、

アクティブ型投資信託は市場平均よりも高い成績を残すことが出来る銘柄を選出しなければいけない為、調査・分析が必要となります。

そのため、手数料はパッシブ型が年率0.5%程度の信託手数料なのに対して、

アクティブ型投資信託は年率1.0%~2.0%の手数料が発生します。

投資信託の手数料形態についてはヘッジファンドの手数料と比較して、

記事にしていますので参考にしてみてくださいね。

→ ヘッジファンド成功報酬型手数料vs投資信託手数料・最終的に安いのはどっち?

アクティブ型投資信託は、たとえ手数料が高くても、

高い運用成績を残しているのであれば問題ないのですが、

以下のように信託手数料が高くなればなるほど、

運用成績が悪くなるという結果を招いています

アクティブ型投資信託の信託報酬毎の平均成績

上記は金融庁がまとめている資料ですが、

上図からも分かるとおり、

信託報酬が高くなればなるほど平均成績にばらつきが出てきて、

平均リターンが低下する傾向にあることが明らかとなっています。

手数料徴収毎の平均成績は以下のようになります。

信託報酬:0.5%~1.0%
運用利回り2.03% – 手数料 = 1.03%~1.53%

信託報酬:1.0%~1.5%
運用利回り1.26% – 手数料 = ▲0.24%~0.26%

信託報酬:1.5%~2.0%
運用利回り1.27% – 手数料 = ▲0.73%▲0.23%

利回りが非常に低く、手数料を加味するとマイナス運用となってしまいます。

ここからさらに、

  • 購入手数料、
  • 解約手数料(場合による)

がかかってくるとなるとマイナスの運用成績が拡張していくことになります。

アクティブ型投資信託の成績が悪い理由は構造的な要因もあり、

簡単にいうと投資信託が手数料ビジネスと化していて高い手数料を取ることを目的に、

リターン最大化を目指した投資信託を組成できていないという難点があります。

投資信託がなぜ儲からないのかという点についてもまとめていますので、

こちらも参考にしてみてくださいね。

→ 「投資信託は儲かる」は嘘?その理由と本当におすすめの投資先を紹介

むすび

以上、「結局投資信託はどれくらい儲かる?アクティブ・パッシブの平均利回りを解説」でした。

投資信託には指数に連動した成績を目指すパッシブ型の投資信託と、

指数に対してプラスの成績を目指すアクティブ型の投資信託が存在しています。

一見するとアクティブ型投資信託の方が高い利回りを達成しているように錯覚しますが、

アクティブ型投資信託は信託報酬が高くなればなる程、低い運用利回りとなっています。

一番高い1.5%~2.0%の手数料体系では平均成績がマイナスになってしまっているのです。

投資信託を選ぶのであれば、

アクティブ型」の投資信託より「パッシブ型」の投資信託を選択する方が合理的です。

パッシブ型の投資信託は、

米国の指数に連動する投資信託を選ぶほうが長年高い運用成績を叩き出しており合理的ではありますが、

ドットコムバブル崩壊やリーマンショックのようなイベント発生時には大きく値を落とすため購入する時期は慎重になる必要性があります。

「一番儲かる投資信託」を知りたい方は記事にしておりますので覗いてみてください。

→ 一番儲かる投資信託とは?- 今買うべき投資信託はこれ-

また、投資信託にこだわりもなく、

市場平均の下落に怯えることなく大きな利益を狙うことが出来る投資先については、

おすすめ投資先ランキングにまとめていますので参考にしてみてくださいね。

【2018年決定版・最新おすすめ投資先ランキング】
投資先ランキング

資金を運用するにあたり、投資先の選定で内容や市場をしっかり分析、情報収集を始めると本当に骨が折れます。

そんな手間を省くために、長年投資を実行してきた管理人が、

  • 投資リターン(収益性・利回り)
  • お手軽さ
  • 安定性

 

などの指標を用いておすすめの投資先を徹底紹介しています。

>>【2018】おすすめ投資先ランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です