100万円~1000万円資産運用

100万円を確実に増やす方法を徹底解説!100万円を1000万円にする方法。

100万円を構築された方はできる限り早く1000万円を構築したいと考えられているかと思います。

この記事では100万円を確実に近い形です早く1000万円にする合理的な方法についてお伝えしていきたいと思います。

定期預金では時間がかかりすぎる

100万円を定期預金に預けられている方もいらっしゃると思いますが、定期預金は高い利回りのものでも0.3%程度となっています。

0.3%では100万円を30年後に109万7000円にしかなりません。

1000万円にするには1000万円にするのに779年の時間を要することになります。

現在から遡ると鎌倉時代ということになります。

 

当然、鎌倉時代と現在では通貨そのものも異なりますし全く意味をなしません。

わかってはいることだとは思いますが、投資対象外です。

米国株のインデックス投資でも時間がかかる

今流行りの米国株インデックス投資でも多大な時間を要します。

以下は米国のS&P500指数の株式インデックスのパフォーマンスですが年率10%程度のリターンを1972年から出し続けています。

米国株インデックスのリターン

Backtest Portfolio

 

過去20年では7%程度の運用利回りとなっておりますので、7%で運用となった場合と10%で運用できた場合を考えます。

7%で運用した場合1000万円に到達するのに35年間、10%で運用した場合でも25年の時間を有します。

確かに25年の時間を有するとはいえ魅力的な選択肢ではありますが、大きな時間を有するのには変わりはありません。

テンバガーを狙うという選択肢もあるが確実性が低い

わかりやすく個別株で10倍になる株を狙うという方法も考えられます。

個別株で10倍になる銘柄をテンバガーといいます。

日本の上場企業は4000銘柄近くあるのですが、直近10年間で10倍になった銘柄は164銘柄存在します。

時価総額が100億円未満の銘柄にしぼると1350社のうち137社がテンバガー銘柄となっています。

10銘柄に1銘柄の確率でテンバガーとなることが見込まれるので確率を高めることはできます。

しかし小型銘柄は上昇する可能性も当然高い反面、大きく下落する可能性も高いです。

100万円を確実に近い形で1000万円にするという観点では適切な方法とはいえません。

FXでレバレッジを10倍かけて2倍にする

FXはレバレッジをかけることができる投資手法です。

最大25倍のレバレッジをかけることができますが、10倍のレバレッジをかけることで1000万円を構築することが現実的なものになるかのように錯覚します。

例えば、100万円分の資産で10倍のレバレッジをかけて1000万円分の取引をして2倍の2000万円にすることで1000万円の資産を構築することが可能です。

ただ、そもそも為替が2倍になるというレベルの変動をするのであれば新興国通貨へ投資しなければいけません。

しかし当然FXというのは上昇するか下落するかの確率が半々の投機ゲームにすぎません。

1000万円分の資産を2倍にするのは至難のわざですが、反対に10%自分の思った方向と違う方向に為替が進んでしまうと貴重な100万円を全額溶かしてしまうことになります。

可能性としてはテンバガー銘柄を狙う方がまだ確度が高く、非常に危険性の高い投資先ということになります。

【おすすめ】手堅く10倍にするのであればバングラデシュ不動産一択

手堅く10倍にするのを見込むのであれば私も投資しているバングラデシュ不動産が最も魅力的な選択肢となります。

バングラデシュ不動産/首都ダッカへの海外投資の魅力を徹底解説

 

詳しくは上記記事でも説明していますが、なぜバングラデシュ不動産が手堅く10倍にするのに最適なのかをお伝えしていきたいと思います。

バングラデシュの位置

唐突にバングラデシュが出てきて驚いた方もいらっしゃると思います。

バングラデシュは中国とインドの中間に挟まれたまさに今後世界の中心を狙う位置に立地しています。

バングラデシュ位置

バングラデシュの経済成長率は安定して高水準

バングラデシュの経済成長率は以下IMFデータのとおりリーマンショックにも微塵も影響をうけずに8%程度の成長を続けています。

各国比較GDP出典:World Economic Outlook Database, October 2017を基に筆者作成

経済成長をしている国というのは国民の所得が当然上昇するので、不動産価格も上昇していきます。

バングラデシュの経済水準は日本の高度経済成長の水準

さらに現在のバングラデシュの経済水準は日本の高度経済成長初期の1950年代後半のレベルで、1人あたりGDP水準は年収14万円程度となっています。

経済本成長フェーズ引用:JICA

わかりやすくいうと日本の高度経済成長初期の経済水準ということになります。

さらに国が発展する過程では『土地』があがって次に『株』があがって最後に年収が上昇します。

以下の図をご覧いただきたいのですが、日本は既に土地と株が上昇してバブルで崩壊して年収もアジア最高水準になっています。

土地価格・株価・年収の上昇

一方、中国は現在土地も株もバブル水準で年収が上がり始めている水準となっています。

既に土地の価格が上昇している国に投資したとしても大きなリターンを得ることは見込めないのです。

しかし、バングラデシュはまさに日本の高度経済成長期初期の水準でまさに今後土地が上昇する局面となっているのです。

以下は日本の高度経済成長期の土地の価格の上昇率ですが1960年代の土地の上昇率は40%程度と非常に高い上昇率となっています。

またご覧いただいたらわかる通り、バブル崩壊までオイルショックの時を除いて1年として不動産価格が下落した年はありませんでした。

日本の高度経済成長期の不動産の価格上昇率

帝国地理院

 

まさに高度経済成長期初期の土地価格の上昇を享受できるのがバングラデシュとなっています。

高度経済成長期に不動産を保有していた現在の高齢者の方がどれだけの資産を築いているかは想像に難くないですね。

まさにタイムマシーンにのって日本の高度経済成長期の土地を購入するのがバングラデシュの不動産投資なのです。

バングラデシュ首都ダッカの現在を日本の1960年代と比較&考察

土地『そのもの』に投資をすることができる

新興国不動産ではフィリピンのようにコンドミニアム投資が一般的となっています。

しかし、最も価格が上昇するのは上屋ではなく『土地そのもの』なのです。

土地の価格が5倍になったとしても、建物は大体1.5倍程度にしか上昇しません。

バングラデシュでは私の知る限りでは唯一、外国人であっても土地そのものに投資することができる魅力的な国です。

土地の急激な値上がりにベットすることができるバングラデシュは特異な国であるということができるでしょう。

フィリピン不動産とバングラデシュ不動産を徹底比較!~魅力的な海外不動産はどっち~

人口密度は東京の3倍で今後も加速度的に上昇

土地の価格も需要と供給の関係で決定しますので、当然人口密度が重要となってきます。

バングラデシュと同じ経済状況の国としてカンボジアが存在しますが、カンボジアは人口密度が異常に低いということもあり、土地価格の上昇がそこまでは見込むことができません。

しかし、バングラデシュは狭い土地に現時点で1.7億人、将来的には2億人の人口となる人口過密国家です。

なかでも首都ダッカは世界でNo.1の人口密度となっており、日本の東京の3倍の密度を誇っています。

さらに今後毎年浜松と同じ人口が流入し近い将来2000万人都市となることが確実で、新たに市域を広げることが計画しています。

今後開発予定の土地を現在購入し、現在の市域の価格にまで上昇することで5倍まで上昇することになります。

また、新しい新興住宅地域の方が綺麗で整備され、インフラも開通するのでさらに価格が高騰し3〜5年で10倍も狙えるレベルの投資先となっているのです。

バングラデシュ不動産に投資する方法

バングラデシュに投資する方法として私が投資している『Top Field Japan』が最も魅力的な選択肢としておすすめできます。

→ バングラデシュ不動産を煩雑な処理なしで投資実行する唯一の方法を紹介

同社は元テレビ局報道記者の代表が何度も足繁くバングラデシュで調査を行い、バングラデシュ大臣から今後の開発地域の情報を聞き出し先行投資を実行しています。

私も実際に投資しているのですが登記簿をいただき更に定期的に投資した土地の経過観察レポートを送付してくれています。

もともと荒地だった土地に宣言通り街ができモノレールが通りという着実な開発が可視化されており、楽しみながら投資した土地の景色の変化を確認することができます。

バングラデシュは飛躍的に経済が成長しているため、今この瞬間でしか安い価格で投資をすることはできません。

Top Field Japanは期間限定で無料でバングラデシュ投資セミナーを実施していますので、実際に話を聞いてみてはいかがでしょうか。

→ 元テレビ局報道記者のアジア新興国不動産投資セミナー(バングラデシュ編)の詳細ををみる

同社のセミナーは魅力を感じたらどうぞ!

というスタンスなので、特に執拗な勧誘が行われることもなく安心して参加することができました。

資産運用の勉強にもなるので非常におすすめな内容となっていました。

 

まとめ

100万円を1000万円にする方法として最も魅力的な選択肢は新興国不動産の中で最大の魅力があるバングラデシュ不動産への投資です。

バングラデシュ不動産は以下の点で非常に魅力的で5年で10倍も手堅く狙える魅力的な投資対象といえます。

  • 中国より高い世界最高水準の経済成長率
  • 日本の高度経済成長と同じ経済レベルで今後土地価格急騰が見込まれる。
  • 首都ダッカの人口密度は東京の3倍
  • 土地そのものに投資ができる
  • Top Field Japanは独自の情報網で今後の開発地域を安値で購入している
  • 開発地域が現在の市域になるだけで5倍、さらに上昇して10倍が見込める

 

 

【2018〜2019年決定版・最新おすすめ投資先ランキング】
投資先ランキング

資金を運用するにあたり、投資先の選定で内容や市場をしっかり分析、情報収集を始めると本当に骨が折れます。

そんな手間を省くために、長年投資を実行してきた管理人が、

  • 投資リターン(収益性・利回り)
  • お手軽さ
  • 安定性

 

などの指標を用いておすすめの投資先を徹底紹介しています。

>>【2018】おすすめ投資先ランキングへ

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です