【1000万円資産運用法 】おすすめ海外投資で資産を大きく育てるポートフォリオ構築

はじめまして、YOSHITAKAです。

『海外投資4.0』にご来訪頂きまして誠に有難う御座います。

当ブログでは通常目に触れている投資先のみではなく、投資ポートフォリオにオルタナティブ投資を組み入れることにより、大きな利回りを手に入れることが出来ると共に、様々なリスクを回避し安定性も増すことを伝えていくサイトです。

何故資産運用が必要なのか、オルタナティブ投資はなぜ必要なのか、おすすめ出来る投資先について詳しく説明しておりますので参考にして頂ければと思います。

これから沈みゆく日本で、資産運用を行っていこうという方は参考にして頂けますと幸いです。

私が今最もおすすめできるヘッジファンドを始め、おすすめの投資先ランキングも作っていますので覗いてみてくださいね。

2020年:おすすめ投資先ランキング

おすすめ投資先ランキング

Contents

管理人自己紹介

私は30代で現役の総合商社に勤務しながら妻と子供二人の家庭を築いております。

出身は近畿地方の奈良県で東京大学進学のため18歳の時に上京しました。

東京大学経済学部を卒業後、当時就職活動で人気が出始めた総合商社に時流にのって入社して今に至っています。

経験した部署は主に新興国のインフラ開発プロジェクトなど、現地大手企業や政府と提携し事業を作っていく事業投資部隊、

その後は為替トレーディング部署で世界経済を俯瞰して会社の為替マネジネントを行う分野に従事しています。

平日はしがないサラリーマンに明け暮れていますが、

趣味は投資全般で大学時代から実践しており積立投資とヘッジファンドへの投資で1億円の資産を形成するに至っています。

今までの投資の経験を含めて、

現状の経済・各金融商品の分析と今おすすめできる資産運用先を紹介していきたいと思います。

資産運用の必要性

ではそもそも何故資産運用を行う必要性があるのかという点について纏めていきます。

インフレによる資産価値の減少

インフレとは現金の価値に対してモノの価値が増加する現象を指します。

今100万円で買えていたものが来年150万円になっていたら、同じ金額を保有していても実質的に貧しくなります。

老後の不安・生活費・貯金・年金の基礎知識

資産運用を行う際に老後資産を蓄えるためという方が最も多いと思います。

そもそも老後にいくら必要なのか、現在の年金の仕組みがどうなっているのかについて纏めていますので参考にしてみて下さい!

タックスヘイブンをわかりやすく解説

悪性のインフレに備える

現在の日銀は大規模な金融緩和を行っていますが、

日銀の購入できる国債が枯渇した場合、政府はヘリコプターマネーという悪魔の実に手をだし愈々悪魔のインフレのTriggerを引くこととなります。

その時は、早くて3年、遅くとも10年以内に訪れると考えています。

預金封鎖・資産課税に備える

私が最も恐れるのは戦後の日本でも実施された預金封鎖からの資産課税です。

戦後直後に起きた預金封鎖では富裕層は資産課税で資産の大部分を国に徴収されましたし、

一般の方も預金している金額が強烈なインフレにより価値を失い資産の大部分を失いました。

これは政府による国家権力を用いた強奪です。

国内資産を保有している場合外貨建であっても全ての資産が課税の対象になりますので海外投資が必要になってくるわけです。

実際1990年代後半の時点で政府は預金封鎖を検討していたという話もあり、

国家の債務から考えて現実的な問題として考える必要があるレベルに来ています。

以下の日本が預金封鎖・資産課税が発生する可能性から他国を含めた過去事例、

最後に対策を纏めていますので参考にしていただければと思います。

オルタナティブ投資の必要性

私は通常の株式への投資だけでは不十分であると考えオルタナティブ投資を軸に投資を行っております。オルタナティブ投資は近年急速に投資残高を伸ばしてきています。

オルタナティブ投資残高

参照:日本プライベート・エクイティ協会

 

当項目ではオルタナティブ投資の有効性についてお伝えしていきたいと思います。

オルタナティブ投資とは?

株式市場や債権市場等の伝統的な資産とは異なる動きをする資産が今注目されているオルタナティブ投資です。

オルタナティブ投資を組み入れることで相場環境に影響を受けずに高い投資リターンの獲得が見込めると期待されています。

つまり、リーマンショックのような事象が発生しても株式市場みたいに下落するとは限らないのです。

一言にオルタナティブ投資といっても、

  • PEファンド
  • ヘッジファンド
  • 不動産
  • インフラストラクチャー
  • コモディティ
オルタナティブ投資の種類毎の運用残高

オルタナティブ投資の必要性

オルタナティブ投資はヘッジファンド、PEファンド、不動産、商品投資が主で、

Harvard大学やYell大学などの長期平均10%程度を運用を実現している一流の大学基金も60%程組み入れています。

オルタナティブ投資の特徴は伝統的な資産とは異なる動きをする以外に何といっても、

そのパフォーマンスの高さが挙げられます。今まで最もパフォーマンスがよかった株式市場のパフォーマンスを大幅に上回っていることです。

資産・投資ポートフォリオの構築と注意点

Coffee Break:世界経済危機の原因と経緯

オルタナティブ投資を用いることにより、より高いパフォーマンスと危機発生時の守備ができるのですが、

過去に発生した世界的な危機について纏めていますので、Coffee Breakとしてご覧ください。

リーマンショック発生の原因解説

日本バブル崩壊の原因解説

アジア通貨危機発生の原因解説

ITバブル崩壊の原因解説

目次に戻る

オルタナティブ投資①:ヘッジファンド

オルタナティブ投資先として最も有名で一般的なのがヘッジファンドです。

管理人も実際にヘッジファンドに投資を行っています。

ヘッジファンドとは?

ヘッジファンドはどのような市況環境であっても収益を獲得する絶対収益型ファンドです。実際過去長期間に渡って株式市場よりも優位な結果を残しております。

投資信託との比較にみるヘッジファンド

ヘッジファンドと似た金融商品に投資信託がありますが、

投資信託は全くおすすめできる金融商品ではありません。

投資信託との比較を通じてヘッジファンドの魅力に迫ります。

おすすめヘッジファンド①:安定性抜群のBMキャピタル

BMキャピタルは日本株の小型バリュー株投資を行っているヘッジファンドです。実際に筆者も投資を行っています。

下落耐性のない安定性が強みで運用開始の2013年以来、幾度もの株式市場の暴落局面も無傷で乗り切っています。

下落耐性の強いBMキャピタル

平均的に年率10%のリターンを高い安全性で達成しているので、資産を着実に構築していきたい方におすすめの投資先となります。

BMキャピタルの投資手法については以下でまとめています。

おすすめヘッジファンド②:新興国株投資戦略

もう1つは2018年4月から運用が始まった、

新興国投資ファンドで割安な新興国に投資を行い大きな利益を追求するFRONTIER CAPITAL(フロンティア・キャピタル)です。

コラム:新興国株式分析特集

以下は私が分析した新興国の株式市場ですので参考に供します。

ファンドが投資をしている国についてはファンドの方に実際に聞いていただければと思います。

中国経済の実態

ASEAN投資を検討

新興国投資・各国分析

目次に戻る

オルタナティブ投資②:PEファンド

PEファンドは実はあまり知られていませんが、オルタナティブ投資の中で最も大きな運用残高となっています。

オルタナティブ投資残高全体の中の約半分の規模を占めています。

PEファンドはPrivate Equity Fundは上場していない未公開株に投資するファンドです。上場していない株と聞くと、ベンチャー投資を思い浮かばれた方が多いと思います。

しかし、PEファンドの主要な形態がバイアウトファンドとよばれるものです。バイアウトファンドは成長が終わり安定期に入った会社を買収し、企業価値を上昇させた後に高値で売却して利益を得る形態です。

以下ではPEファンドの種類と、おすすめの投資先について紹介していますので参考にしていただければと思います。

オルタナティブ投資③:海外不動産投資

以下は海外不動産全般についての基礎的な部分について纏めているものです。

バングラデシュ不動産

タイ不動産

フィリピン不動産

カンボジア不動産

マレーシア不動産

モンゴル不動産

新興国不動産法規制

先進国不動産との比較

先進国不動産については大きなリターンを見込みにくいため、私は投資の対象とはしておりませんが、分析しておりますので参考にしてみて下さい。

スペイン不動産

米国不動産

その他の投資先

私は今まで見てきたように預金封鎖・資産課税の危機回避並びにリターンの高さから海外オルタナティブ投資に傾倒しておりますが、

国内投資にも興味があるという方向けに国内投資先を纏めています。

投資信託は儲かる?

先ほどヘッジファンドの欄でも見ましたが、

日本の投資信託は「運用利益がでる」ファンドより「売れやすい」ファンドが売られており、

高い手数料で低いパフォーマンスという低品質のものとなっておりますので、

とてもおすすめすることはできません。

仮に投資を行うのであれば、品質の悪い市場平均よりも高いリターンを狙ったアクティブ型の投資信託ではなく、市場平均や世界の株式市場の成長を享受する方のファンドに投資を行ったほうがよいでしょう。

国内ファンド

日本の国内の市場平均に対してプラスのリターンを狙う投資信託は質が低く、

投資を控えたほうが良いですが、独立系のファンドの中には非常に優良なものがあります。

【国内ファンドランキング】

セゾン資産形成の達人ファンド

ひふみ投信

さわかみ投信・鎌倉投信

国内不動産

国内不動産は大きな利益を狙うことが出来ないので基本的にはおすすめ出来ませんが、

まとめておりますので参考にして見てください。

日本リート(J-REIT)

リートは不動産投資信託で投資家が少額で不動産を保有できる仕組みとなります。

アメリカRIET(米国リート)

外貨預金・FX

外貨預金やFXは通貨分散は行えますが、

預金封鎖・資産課税を免れることはできずゼロサムゲームなので投資と呼べるものではありません。

債券投資

通貨分散を行うのであれば債権投資、特に直近利回りが上昇している米国債権投資が安定運用にはおすすめです。

ベンチャー投資

海外積立投資・ETF

海外投資として最初に取り掛かることがあると思われる海外積立投資・ETFについては以下をご覧ください。

金額別資産運用法

ここまでを踏まえて皆さんの保有資産毎のおすすめ運用法を紹介しておりますので、参考にしていただければと思います。

100万円~1000万円の資産運用法

100万円から1000万円を資産運用する際に考えておきたいことを纏めております。

2000万円~5000万円の資産運用法

2000万円から5000万円を資産運用する際に考えておきたいこと纏めております。

6000万円~1億円の資産運用法

6000万円から1億円を資産運用する際に考えていきたいこと纏めております。

1億円以上の資産運用

目次に戻る

経済の仕組み解説

ここでは経済の仕組みを出来うる限りかみ砕いて説明しています。

経済理解(初心者入門)

緊縮策・債務再編・富の再分配・紙幣発行

日本の金融政策解説・インフレデフレの関係性

時事・コラム

目次に戻る

1 2 3 4 5 6
【2020年決定版・最新おすすめ投資先ランキング】
おすすめ投資先ランキング

資金を運用するにあたり、投資先の選定で内容や市場をしっかり分析、情報収集を始めると本当に骨が折れます。

そんな手間を省くために、長年投資を実行してきた管理人が、

  • 投資リターン(収益性・利回り)
  • お手軽さ
  • 安定性

 

などの指標を用いておすすめの投資先を徹底紹介しています。

>>【2020】おすすめ投資先ランキングへ